一保堂ポリシー

RECRUIT

一保堂ポリシー

一保堂は、ただお茶を売っているだけではありません。 ポリシーを大事にしながら、常にその時代のニーズに応えることを考えて変化してきました。老舗と呼ばれるのは、その結果にすぎません。ここでは、会社の発展・社会の発展・社員の幸福についての私達の考えをご紹介します。 老舗のお茶屋と聞いてどんなイメージが思い浮かぶでしょう。一保堂は、そのイメージを良い意味で裏切ることにちょっと喜びを感じている、変わったシニセです。


お茶への思い 販売への思い 社会への思い

「茶、一つを保つ」という社名の下、扱う商品への絶対のプライドがあります。

長年培った一保堂独自の販売スタイル。結構変わっています。

企業理念に基づいた、販売以外のプロジェクトを紹介します。


社員への思い 老舗への思い

一保堂で働く人が生き生きと仕事をするための仕組みを紹介します。

一保堂の「老舗」に対する考え方です。



お茶への思い

およそ160年前、山階宮から賜った「茶、一つを保つ」ように、という「一保堂」の屋号。この言葉には、「よい茶葉のみを商い続けるように」という願いが込められているのでしょう。目まぐるしく変化する時代の流れの中、「変えなければいけないもの」と「変えてはいけないの」を見定めていくことはとても重要です。
一保堂にとっての「変えてはいけないもの」、その最重要項目はもちろん、お茶の品質です。

扱うお茶は、まろやかな味わいの「京銘茶」

一保堂では、宇治川、木津川両水系の気候で栽培され、宇治発祥の「宇治製法」で作られた茶葉を中心に取り扱っています。寒暖差の激しい山の斜面で、農家さんの地道な手入れにより栽培される茶葉は、葉肉が厚く、旨みを十分に蓄えた茶葉へと成長します。穏やかな香り、上品な甘み、そしてまろやかな味わい。それが私達の「京銘茶」の特徴です。

味を一定に保つ「合組(ごうぐみ)」技術

お茶は自然の産物です。同じ産地でも、その年の気温、雨量、日照時間などの気象条件により茶葉の風味は変わります。とはいえ、お客様には毎年変わらぬお茶の味わいをお届けするのが日本茶専門店の役目。そのために行うのが、「合組(ごうぐみ)」と呼ばれるブレンド作業です。茶葉の品質を見極め、銘柄ごとに安定した風味になるよう仕上げていきます。この技術があってこそ、「一保堂の味」を保ち続けることができるのです。



販売への思い
お客様に本当に喜んでいただくためには、どんな販売が必要でしょうか。 自分がされて嬉しかった接客、いやな思いをした接客…。思い出してみてください。 一保堂の出した結論は「お客様の立場に立ち、誠実にお売りすること」。
いたってシンプルなこの思い、どのように実現しているのでしょうか。その具体例をご紹介します。

わたしたちは、お茶のプロです。

だからといって、初めからプロだった者はおりません。
「煎茶と玉露の違いが判らない」といったところから皆、スタートし、勉強すればするほどお茶の奥深さに驚かされ、その魅力を再発見します。こうして、自身で実感したからこそ、お客様にもその感動を伝えられるのです。そのために、「この質問にはこう答えましょう」という決まったマニュアルはありません。積極的に得た知識と感動を伝えられるスキルを持った販売員であるからこそ、お客様は信頼を置いて耳を傾けてくださるものと考えています。

わたしたちは、積極的にご提案をします。

だからといって、お客様にとって必要のないお茶までお売りしません。
お茶は嗜好品。味のお好みや、ご用途もお客様それぞれですので、そうしたニーズに合ったご提案を心がけております。それには、冠婚葬祭のしきたりなど様々な知識を身に着け、引き出しを多く持つこと、ディスプレイなどの「魅せ方」のセンスを磨くことも大切です。
そして、お客様ご自身がまだ気づかれていないニーズを引き出し、「この前おすすめしてくれたお茶がおいしかったから、また買いに来たわ」と、末永いお付き合いに繋がるご提案を積極的にしていきます。

わたしたちは、チームワークを大切にしています。

だからといって、和を重んじるあまり、言いたいことが言えないチームではありません。
個人の成長がチームの発展に繋がると信じ、助け合うだけでなく、高め合う仲間と仕事をしています。職場では、「今、チームに何を求められているか」を常に自分で考え、自分からアクションを起こさないと、最終的にはお客様にご迷惑をおかけします。チームを良くするのは「誰か」ではなく「自分」。一人ひとりが当事者意識を持って、お客様が「また行きたくなる」店づくりに取り組んでいます。



社会への思い
「お茶を通じて社会に役立ちたい」

そのためにすべきことは、お茶の魅力を伝えること。 ただ茶葉を売っているだけでは努力不足です。
お茶に親しみがない方にこそ、「お茶のある生活」を提案していくことが私達の使命です。
【プロジェクト】

喫茶室「嘉木(かぼく)」

京都本店、東京丸の内店併設の喫茶室。その特徴は、「淹れるところからご自分で…」というセルフスタイルであること。
もちろん、お茶の淹れ方はスタッフがご案内します。
ご自宅へ帰られてからも、丁寧に淹れたお茶でほっと一息していただきたい、そんな思いが込められています。

お茶の淹れ方教室

基本的な淹れ方だけでなく、お茶のことをもう少し深くご紹介する教室です。
知識を得るためのセミナーではなく、お茶を楽しむための体験型イベントですので、お客様も地元の小学生や修学旅行生から一般のお客様まで実にさまざま。
さまざまな部署の社員がスタッフとして参加し、茶種による味わいの違いや、ちょっと趣向を変えた楽しみ方などもお伝えしています。

【商品】

はじめの一保堂

「抹茶に興味はあるけれど、作法や道具がよくわからない」という方のための、 スターターセット。
点てるために必要な道具がひと箱の中に揃っています。
コーヒーや紅茶と同じように、肩肘張らずに気軽な気持ちで抹茶をお楽しみいただきたい。そんな社員のアイディアから生まれた商品です。



社員への思い
「とにかく、会社にいる時間は、中身の濃い、“いい”時間にしてほしい・・・」
社長がよく社員に語りかける台詞です。
“いい時間”とは、“自分が輝いている時間”のこと。そんな時間を、仕事の中でより多く創ってほしい・・・そんな思いが込められています。
【組織・人事】

MBO(目標管理)ベースの人事処遇制度

年に2回、自分で設定した目標をどれだけ達成できたか評価されます。評価基準は細かく項目化されていますので、具体的・客観的な評価が行われます。自分には何が足りないのか、自分は何を期待されているのかが明確になり、次のステップアップへの意識が高まります。

社歴にこだわらない人材登用

仕事に対する姿勢、能力、適性等を考慮した上、入社2年目で店長職など、社歴・経験にこだわらない人事施策を遂行しています。

【教育・環境】

働きやすい環境づくり

京都本店と、併設している本社ビル(製造、オフィス部門)を全て改修し、最新のシステムを導入しました。お客様に気持ちよくお買い物していただくことはもちろん、社員がより快適に高次元の仕事に打ち込めるような環境づくりにも力を入れています。

女性の活躍が目立つ環境

女性の管理職が50%を超えており、性別関係なく、だれもが活躍できる環境です。
また、産前・産後と育児休暇制度を取得した後、職場復帰している社員もおり、復帰後は、仕事と育児を両立していただくため、独自の制度として「育児短時間勤務制度」を設けています。

日本茶インストラクター資格取得支援

日本茶インストラクター資格取得を奨励。費用面・勉強面両方からバックアップします。

そんな規模だから、年齢・性別・社歴にかかわらず、ひとりひとりが「企業を支える主役」。 若手にも早くチャンスがめぐる分、たくさんの知識、たくさんの出会い、たくさんのスキルが身につきます。


老舗への思い

社名の由来

「一保堂」(いっぽどう)は、創業130年目にあたる弘化3年(1846年)、山階宮(やましなのみや)から、扱う茶葉の品質を評価され、「茶、一つを保つ」ように、と屋号を賜りました。
その後さらに160余年。受け継いできた京銘茶の風味は全国に広まり、現在は全国約80ヶ所の百貨店等に出店しています。またオンラインショップの利用により、一保堂の味を世界中のお客さまにお楽しみいただけるようになりました。
その根底には、やみくもに事業を拡大するのではなく、確実な品質管理を行える「目の行き届く範囲」で商いをする、という一貫した考えがあります。そうした姿勢を長く続けてきたことが、多くのお客さまに支持される理由の一つでしょう。

「老舗」とはなんだろう?

歴史、伝統、古い、頑な…ふつう「老舗」と聞いて思い浮かぶイメージといえば、このようなものではないでしょうか。しかし、一保堂はそんな固定観念に捉われません。
「一保堂が“老舗”と呼ばれることがあるが、それは結果に過ぎない」と、社長の渡辺はよく口にします。すなわち、現在まで一保堂を引き継ぐことができたのは、290余年の歳月の間、その時々に求められる役割を誠実に果たしてきたから。決して肩書きとして最初から“老舗”があるわけではありません。
私たちは、このことを謙虚に受け止め、「日本茶専門店として、今お役に立てることは何なのか」を考えていくことがいちばん大切だと考えています。古いものを受け継いで残すだけが伝統ではないし、むしろ自分の手で壊して創る発想も必要。
時代に応じた努力と工夫で、お客様からの信頼を得続ける。その積み重ねが老舗と呼ばれる、というだけなのです。

ページの先頭へ