お茶の分類

THE TEA FAMILY

分類

お茶って何?

世界各国で親しまれている飲みもの、お茶。
ひとくちにお茶といっても、緑茶、紅茶、ウーロン茶など種類はさまざま。
ここでは「お茶の分類」…特に一保堂で扱うお茶「緑茶」についてご紹介します。
知っているようで意外と知らないお茶のこと。
まずは、お茶の木のことからお話しましょう。

お茶は、ツバキ科の永年性常緑樹である「チャ」の木の葉を加工して作られたもの。摘まれた「チャ」の葉は別の製造工程をたどることによって、「緑茶」・「紅茶」・「ウーロン茶」の3種類に分かれます。

緑茶の特徴は、何と言っても「蒸す」こと。摘んだばかりの葉を、まず、蒸すことから緑茶の製造工程は始まります。蒸すことの目的は、青臭みを取り除くと同時に、葉の酸化酵素の働きを止め、成分の変化を防ぐこと。葉の緑も蒸すことで保たれます。


一保堂で扱うお茶

「緑茶」は、抹茶、玉露、煎茶、番茶類(ほうじ茶、玄米茶、柳など)。それぞれ個性引き立つ4種類のお茶。これら個性は玉露・抹茶の仲間と煎茶・番茶類の仲間の2つに大きく分かれます。その違いは、育てられる畑の違いと蒸された後に辿る製造工程の違い。

育つところ違えば、性格いろいろ。お茶も人間とよく似ているかもしれませんね…。



緑茶の系図

ページの先頭へ