お茶のある暮らし

TOPICS

お茶のある暮らし

一保堂スタッフおすすめの楽しみ方をご紹介します。
不定期ですが、色々ご紹介していきますので、どうぞご覧ください。


マグカップで熱々ほうじ茶

ぐぐっと冷え込む日が増え、桜や紅葉の木もてっぺんからほんのり赤くなってきました。
この時季になると楽しみなのが熱々のほうじ茶。
マグカップにたっぷり注いだら、両手でカップを包み込みます。
手にじんわり伝わるぬくもりを感じながら、ふうふうするのもまた楽しくて。
秋が深まってきたなぁと実感するお茶の時間です。(川)

熱々がごちそう!極上ほうじ茶


玉露ウォーター


何とも表現し難い玉露のこの馥郁たる香り。
香りだけ楽しめるように薄く淹れて、晩酌のお伴にいかがでしょう。

水と葉っぱは、お好みの比率で構いませんが
例えば、このくらいの加減がちょうどよいです。
————————–
・葉っぱ…3g(小さじ2杯)
・水………500㏄
————————–
冷蔵庫で30分~1時間待ち、薄―く色が出始めたら飲み頃。

お酒の合間の小休止に、香りを楽しむ玉露。旨みが出ないよう、葉っぱの量は控え目に(いつもの玉露の淹れ方と逆!)がポイント。お水を飲むより口あたりがやわらかで、ほろ酔い気分が程よく続きます。まだまだ飲むなら、水を注ぎ足して。(oz)

このレシピ【鶴齢】なら3gでも十分!


焼きおにぎりと煎茶日月


おむすびにお味噌をつけて焼きました。
香ばしくって甘くって
何ともいえない安心感。
お茶は、いつ飲んでも優しく寄り添う
日月を選びました。(足)

使い勝手抜群。安定感ある銘柄 日月


スコーンとほうじ茶

ほうじ茶が恋しい季節になりました。急須に葉っぱをたっぷり入れて、あつあつのお湯を注いで30秒。湯気とともにのぼる香ばしい香りは、焼き菓子と相性ぴったり。ボリューミーなスコーンと一緒にいただいて、おなかも心も満たされました。(上)

ふうふうしながら飲みたい、あつあつの極上ほうじ茶


テイクアウトして鴨川へ


本日の京都は秋晴れ。
風もだいぶ涼しくなってまいりました。
こんな日はおでかけしたくなりますね。
京都本店でお茶をテイクアウトして鴨川へ。
人々が思い思いに過ごす鴨川。
お茶を片手にのんびり過ごすと、
とても和やかな気持ちになれました。(もえ)

秋のおでかけのおともに!京都本店のテイクアウト


1 / 61123...102030...最後 »

過去のお茶のある暮らし

ページの先頭へ