茶の葉言の葉図鑑

CHANOHA KOTONOHA ZUKAN

涼、いっぷく玉露

水や氷でいただく玉露

玉露の茶葉の見た目は、煎茶とほとんど変わらない色と形です。でもほどよく冷ましたぬるめのお湯でいれる玉露は、まったりとした甘みや特有のうまみが際立つ個性豊かなお茶。そんな玉露をいつもより時間をかけて水出しで。夏ならではの、ちょっと贅沢なおいしさです。


●温かい玉露の淹れ方————

1.茶葉は大さじ山2杯(約10g)
2.1客分の茶碗にたっぷり1杯(約80cc)のお湯を、器などを使っておよそ60度くらいに冷まし、急須へ。

3.急須の中で1分半待つ。(冷たく淹れる場合はちょっと長めに)
・だいたい三煎目までおいしくいただけます。



湯冷まししたお湯で淹れる

いつもの温かいお茶の要領*で淹れたものを氷の入ったグラスに注ぐ。しっかり最後の一滴まで。

玉露が少し苦手な方にもおすすめ。
意外とさっぱりいただけます。

冷水で淹れる

●氷と水をつかって楽しむ
 ひんやりすっきりした味わい

氷の上から急須いっぱいに水を注ぎ入れる。待つことおよそ15分~20分。二煎目は約7分、三煎目は約3分でおいしくはいる。

香りが深く、すっきりした味わい。
夏のおもてなしにもおすすめです。


●水だけでじっくり引き出すとろんとした究極の玉露

湯のみにたっぷり1杯強の水を急須に注ぎ、冷蔵庫でおよそ6時間。うまみの凝縮されたとろんとした一口が味わえます。


■茶葉の量はいずれも大さじ山2杯(約10g)を目安にしてください。
■表記時間はあくまでも目安です。加減して、お好みの味わいをお楽しみください。
■水は一度沸騰させ冷ましたもの、もしくは市販のミネラル水(硬度の低い軟水)をおすすめします。

ページの先頭へ