茶の葉言の葉図鑑

CHANOHA KOTONOHA ZUKAN

茎ならではの香ばしさ くきほうじ茶

くきほうじ茶の魅力

茎の持ち味が生かされた独特の香ばしさが人気です

●茎のほうじ茶

柳とよばれるお茶(番茶)にはよりの粗い葉や茎も入っています。そのうち茎だけをよりわけ、葉の部分より念入りに焙じたものがくきほうじ茶。茎の持ち味が生かされた独特の香ばしさが人気です。

●コクと甘み

さっぱり香ばしい葉のほうじ茶にくらべ、茎のほうじ茶はまったりとしたコクが特長。ひと味ちがう香ばしさが楽しめます。葉のほうじ茶のわずかな苦みが気になる方にもおすすめです。
こってりした料理と相性がよく、てんぷらのお店などで、好んで使われることがあります。夏は冷やしてもおいしくいただけます。


●強めの色と香り

茎は葉に比べ火が通りにくいため、焦がさぬよう気をつけながらじっくりと焙じ、香ばしさに満ちたくきほうじ茶に仕上げます。お茶を淹れたとき、葉のほうじ茶より濃いめの色になるのは、そのためです。

ページの先頭へ