茶の葉言の葉図鑑

CHANOHA KOTONOHA ZUKAN

お茶の淹れ時 ~煎茶~

お茶の淹れ時 ~煎茶~

ほどよい温度のお湯に茶葉のよりがほどけていく時間。 急須のふたに手をあて、おいしい淹れ時を見計らうゆったりとしたひとときから、お茶の楽しみがはじまります。ときどきの'加減'によって味わいが微妙に異なるのもお茶の魅力のひとつ。そんな'加減'の目安をご紹介しましょう。

●煎茶(3客分)

淹れ方のポイント・・お茶の渋みと甘みがほどよく調和したさわやかな煎茶の持ち味を引き出すには、熱湯より少し低めのお湯をつかってゆっくり出します。


●最後の一滴まで

うまみが凝縮された一滴をしっかりしぼりきります。二煎目(急須から引き出す2回目のお茶)以降をおいしくいただくためにも。

ページの先頭へ