茶の葉言の葉図鑑

CHANOHA KOTONOHA ZUKAN

香りたつ新芽

香りたつ新芽

‘蓄えの冬’をのりこえると、植物にとって春は芽吹きの季節。じゃがいも、アスパラガス、キャベツやタマネギ…。

生命力あふれる野菜が食卓に春を告げます。



お茶の木にとっても、待望の季節。
はじめての新芽を吹きすがすがしい日ざしに育まれて、およそ1ヵ月。


5月のはじめには、新茶として摘み取られます。
生まれたばかりの新茶にお湯をそそぐと、ふわっと広がる新緑の香り。

心をまあるくほぐします。

ページの先頭へ